ラスベガス観光局は3月6日、イーロン・マスク氏が率いるボーリング・カンパニーを迎え高速の地下交通システム「ループ」をラスベガスに整備する意向を明らかにした。だがまだ承認されているわけではない。ラスベガス観光局は3月12日には取締役会を開き、可否を判断する予定だ。

もし承認されれば、このプロジェクトはラスベガスにとってダウンタウン、ラスベガス・コンベンション・センター、ラスベガス・ブールバード、マッカラン国際空港などを繋ぐ初の試みとなるという。

だが、当面は2019年1月「CES 2021」の開催までに規模を拡大中のラスベガス・コンベンション・センター周辺での展開となるようだ。

ラスベガス・コンベンション・センター周辺における「Loop」駅位置の試案:Courtesy The Boring Company

ボーリング社のスティーブ・デイビス氏いわく、「承認されれば、一年以内にラスベガス・コンベンション・センターの来場者が利用可能な状態にできる」とのこと。

承認された場合、ラスベガス観光局はボーリング社と正式な契約を締結し、具体的にデザインや建設面での計画を練る。そして6月には開催を予定しているという取締役会にて最終的な承認がされる予定だ。事業費はおよそ3500万から5500万ドルを見込んでいる。

TechCrunch Japan

おすすめの記事