注目キーワード
  1. Wordpress
  2. テーマ
  3. プラグイン
  4. SEO
  5. 集客

ローカルの音源を読み込んでブラウザでプレイリストを作成出来るOSS・「MusicSource」


目次

MusicSource


MusicSourceはローカル環境にある音源を読み込んでブラウザでプレイリストを作成出来るOSSです。サーバーレスでデスクトップの音源向けのYouTube Music的なものとして利用できるそうです。

File System Access APIを使ってライブラリファイルに読み取り専用でアクセスする仕様だそうで、現在のところChromeやEdgeなどの一部のChromiumベースのブラウザにのみ実装されているため、対応しているブラウザでのみ動作します。

読み込む際の注意点・・というほどでもないですが、フォルダごと読み込んでそのフォルダ内の音源ファイルを自動せ選別するのですが、読み込む際に音源ファイル自体が該当するフォルダ内に表示されないので少し戸惑うかもしれません。実際にはフォルダを読み込めば認識されます。

Ads

対応可能かどうかはそのブラウザでアクセスし、Scanボタンが有効なら対応、無効になっていて「does not support」といった文言が表示されていれば非対応です。本記事の1枚目のSS
SSはBlaveでアクセスしたものですがご覧のように非対応でした。上部の2枚目はEdgeでアクセスしたSSですが、左側にあるOpen Applicationというボタンが有効になっているのが分かると思います。

歌手名で絞れるタブや曲名でソートできるタブなどが用意されており、端末にインストールせずに自分の音源のプレイリストを作成できます。サードパーティー製のWebアプリに音源を読み込むのはアレかもしれませんが、そもそもOSSなので自分の管理下で運用すれば問題なさそうです。

僕自身はspotifyで事足りてますが、ローカル環境の音源を楽しみたい方も少なくないでしょうし、ソフトウェアをインストールしてPCを圧迫したくない、という方もいると思うのでそれなりに需要はある気がします。ソースはGithubで公開されていますがライセンスは明示されていないので商用で利用したい等の場合は開発者に問い合わせください。

MusicSourceGithub

#wordpress #ワードプレス #SEO #集客

「かちびと.net」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>WordPressに関連する情報まとめ

WordPressに関連する情報まとめ

ブログ / ホームページの価値の最大化をさせるCMS、WordPress(ワードプレス)。フリーのブログとは違い、いくらか敷居の高い印象がありますが、一つ一つクリアにしてみるときっとあなたもWordPressのパワーの恩恵に預かれると思います。当サイトを見て、まずはトライしてみましょう!

CTR IMG