注目キーワード
  1. Wordpress
  2. テーマ
  3. プラグイン
  4. SEO
  5. 集客

世界90か国以上の国に対応している郵便番号API・「Postalcodes.app」


Postalcodes.app


Postalcodes.appは世界90か国以上の国に対応している郵便番号APIです。日本にも対応しています。

日本や他国にある同様のものと同じで郵便番号を入力すると該当する住所を返してくれるWeb APIとなります。

GET https://postalcodes.app/api/v1/?key=YOUR-APIKEY&distance=&zipcode=100-0002&country=ja

例えば上記のように皇居の住所の100-0002なら以下のように返ってきます。

{ "query":{ "code": "100-0002", "country": "jp", "range": "" }, "results":{ "range_codes_unique": [ "100-0002", ... ], "range_codes": [ "100-0002", ... ], "range_codes_details": [ { "postal_code":"100-0002", "country_code":"JP", "city":"Kokyogaien", "state":"Tokyo To", "state_code":"40", "province":"Chiyoda Ku", "province_code":"1864529" }, ... ], } }

日本表記で返すのではなく国際的な表記で返すタイプとなりますので日本国内で使うというよりグローバル展開するようなサービス向けとなりそうです。尚、SSのようにWebサイト自体は各国の言語に対応していました。

他にも指定した住所の半径nキロメートル内にある住所の一覧なども取得できるみたいです。

国は現在94ヵ国まで対応、1日/240リクエストまでは無料で使えます・・が、ターゲット層を考えるとあくまでお試し用という感じでしょうか。

うろ覚えですがGoogle MapsのGeo系のAPIかなんかでも同じように郵便番号から住所を所得できたと思うんですけどまだ使えるんですかね。まあPostalcodes.appも選択肢の一つとして。

Postalcodes.app

#wordpress #ワードプレス #SEO #集客

「かちびと.net」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>WordPressに関連する情報まとめ

WordPressに関連する情報まとめ

ブログ / ホームページの価値の最大化をさせるCMS、WordPress(ワードプレス)。フリーのブログとは違い、いくらか敷居の高い印象がありますが、一つ一つクリアにしてみるときっとあなたもWordPressのパワーの恩恵に預かれると思います。当サイトを見て、まずはトライしてみましょう!

CTR IMG