注目キーワード
  1. Wordpress
  2. テーマ
  3. プラグイン
  4. SEO
  5. 集客

URLの差し替えでも代替可能なプライバシーフレンドリーなオープンソースのGoogleフォント代替・「Fonts」


目次

Fonts


FontsはプライバシーフレンドリーなオープンソースのGoogleフォント代替です。互換性があり、以下のようにするだけで置き換える事が出来るそうです。

<link rel="preconnect" href="https://fonts.googleapis.com"> <link rel="preconnect" href="https://fonts.gstatic.com" crossorigin> <link href="https://fonts.googleapis.com/css2?family=Roboto&display=swap" rel="stylesheet">

👆これを以下のように

<link rel="preconnect" href="https://api.fonts.coollabs.io" crossorigin> <link href="https://api.fonts.coollabs.io/css2?family=Roboto&display=swap" rel="stylesheet">
Ads

或いは@importを使っているなら

@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Roboto&display=swap');

👆これを以下に置き換えます。

@import url('https://api.fonts.coollabs.io/css2?family=Roboto&display=swap');

勿論OSSなので自身の環境下に置く事も可能です。代替と書きましたが、フォントの検索やテストなどは現状ありません。

APIはFontsと同じ開発者によるHeroku / Netlify代替のCoolifyでホスティング、キャッシュはBunnyCDNが採用されています。

Googleフォントは便利ですが仕様が変わって使えなくなった際の代替案を知っておくのは重要かなと思いました。ライセンスはAGPLとの事です。それにしても直球な名前すぎて検索しにくいのでもう少し考えてもらえたら助かりますね・・

Fonts

#wordpress #ワードプレス #SEO #集客

「かちびと.net」を閲覧する

最新情報をチェックしよう!
>WordPressに関連する情報まとめ

WordPressに関連する情報まとめ

ブログ / ホームページの価値の最大化をさせるCMS、WordPress(ワードプレス)。フリーのブログとは違い、いくらか敷居の高い印象がありますが、一つ一つクリアにしてみるときっとあなたもWordPressのパワーの恩恵に預かれると思います。当サイトを見て、まずはトライしてみましょう!

CTR IMG