注目キーワード
  1. Wordpress
  2. テーマ
  3. プラグイン
  4. SEO
  5. 集客
NO IMAGE

WordPressがコアで利用するJavascriptのフレームワークを選ぶための議論中

Make WordPress Slackの #core-js チャンネルでこれからWordPressの管理画面及びカスタマイザの開発に利用していくJavascriptフレームワークの選定が進んでいます。現在議論中で、候補にはReactとVueがあがっています。

上記のリンクは、5月23日のコアJavascriptミーティングの議事録です。ポイントを列挙します。

  • 選定の基準には以下のものがある
    • stability: 安定性
    • longevity: プロダクトの寿命、持続性
    • mature: 成熟度
    • well-adopted, proven in a WordPress context: WordPressの文脈での採用が進んでいて保証があること
    • accommodating to accessibility requirements: アクセシビリティーの必須項目を満たすことができるか
    • interoperability with existing code: 既存のコードとうまく動くこと、互換性
    • architected to support predictable data flows and composability: 予測可能なデータフローやモジュール化を意識して作られていること
    • alignment with efforts like Calypso: Calypsoのような取り組みと足並みをそろえること
    • composable: モジュールをcomposeして開発できること
    • extensible: 拡張可能性
    • testable: テスト可能性
    • ease of developer adoption: 開発者が取り入れやすいこと
  • @kopepasahはVue.jsを押している
  • @rmccueの指摘では、Reactの開発哲学はWordPressのそれと合致する。参考: https://facebook.github.io/react/contributing/design-principles.html
  • @aferciaは、アクセシビリティーの観点から、どのフレームワークが、特にDOMに直接アクセスしたり操作したりする場面で、最も適合するのかが知りたいと声をあげた。
  • @aduthは、Gutenberg(新世代エディタ)がReactを選択した合理性についてシェアした。参考: https://github.com/WordPress/gutenberg/tree/master/element#why-react

当然ですが、この会議では結論は出ておらず、上記ポストのコメント欄、及び、次回の会議(日本時間5月30日夜10時スタート)での議論に続きます。現状、React優勢です。

関連の情報としては、WP Tavernの以下の記事があります。

上記の記事からリンクされているMatt Mullenwegの以下のツイートとその前後のリプライのやりとりは興味深いです。こちらをクリックするとやりとり全体が見れます。

要するに、導入に当たってのシンプルさ、使い方の容易さなどを重視する陣営(?)がVue.jsを押し、React勢はFacebook, WordPress.comなどが長期的にこれに投資していること(過去についても未来についても)を強調しています。

どうなっていくのか興味深いのですが、経験のある人達のフィードバックが歓迎されますので、ぜひアクセスしてみてください。

投稿 WordPressがコアで利用するJavascriptのフレームワークを選ぶための議論中Capital P に最初に表示されました。

#wordpress #ワードプレス #SEO #集客

「Capital P」を閲覧する

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>WordPressに関連する情報まとめ

WordPressに関連する情報まとめ

ブログ / ホームページの価値の最大化をさせるCMS、WordPress(ワードプレス)。フリーのブログとは違い、いくらか敷居の高い印象がありますが、一つ一つクリアにしてみるときっとあなたもWordPressのパワーの恩恵に預かれると思います。当サイトを見て、まずはトライしてみましょう!

CTR IMG